記憶装置の不具合でデータが吹き飛ぶことも!

パソコンを利用する上での怖い問題としては、ウイルスを挙げる人が多いでしょう。確かに、パソコンが動作しなくなったり、個人情報が流出するなど、深刻な問題を引き起こしますので、これに対しては万全な対策が必要です。 しかし、こうしたウイルスに感染しなくても、ある日突然データが全て消えてしまう、という恐ろしい現象が起こる可能性があります。それは、パソコンの記憶装置である、ハードディスクのクラッシュです。何の前触れもなく起こることが多く、特に仕事で使用しているような場合は、その被害は甚大になることもしばしばです。CPUなどの他の部分が故障していない限り、ハードディスク交換で復旧は可能ですが、失われたデータは戻ってきません。

バックアップで万全の備えを

こうした問題は、抜本的な予防策というものはありません。とするならば、万が一クラッシュした場合に備え、データを守ってあげる必要があります。 具体的には、バックアップをとることです。こまめにデータを別の媒体にコピーしておくことで、被害を最小限に防ぐことができます。コストがかかるし大変そう、という人もいるでしょう。しかし、最近では月々安い料金で、バックアップのためのオンラインストレージを提供する企業も増えてきました。この方法だと、別にハードディスクなどの記憶装置を購入する必要もなく、負担も軽いですよね。また、バックアップを自動で行ってくれるツールもありますので、特に難しく考える必要もなく、簡単に対策が行えます。