初心者は、バックアップのCDの作成するべき!

まず、パソコンを買ったら、PCの電源をいれて、使い方の説明書に書いてあるように設定するのは、当たり前です。そんなパソコンの設定でも、更新作業を一通り終えて、使える状態にしたら、まずはその設定を保存しておくことが大事です。そのあとで、サービスの項目を切ってみたり、スタートアップを減らしたりするのです。なにをやるのにも、まずは、デフォルトで立ち上げたパソコンの状態を保存しておくことが大事です。 万が一の時に、買った状態で立ち上げたパソコンの設定の初期のデフォルトのものを保存しておくために、バックアップCDもしくはバックアップDVDの作成を行います。もし、パソコンが壊れて修理に出したときに、ここで作ったものが壊れたパソコンのデータの復活のカギとなるので、ぜひ、初心者さんは作っておきましょう。これで、なにかしらのパソコンのトラブルが起きても安心できる方法なので、覚えておきましょう。

バックアップCDの作成は、2種類つくれば完璧!

バックアップCDとDVDの作成に、主にデータ用のCDーRとDVDーRで10枚くらいあれば足りると思いますが、心配ならば20枚くらい買って用意してください。主に、バックアップ作成ツールで作った後の保存用に「R」を使います。これが、壊れたときのパソコンの復元に必要なソフトになるので、「R」です。 主に、バックアップの作成では、2種類のソフトを作ります。1つは、PC全体の初期設定のデフォルトの設定のスタート直後の買った状態の保存したものです。2つ目は、windowsのアップデートのサービスが古くなると終了してしまうのに備えるのと、もしものネットにつなげない更新のエラーが出たときに更新するために、windowsの更新のバックアップを作っておきましょう。これであなたのPCのトラブルは恐れ知らずになることまちがいないです!